AGE(終末糖化産物)を測るには

AGEの量を計測することで、体内年齢を推測することができます。実年齢が20代でもAGE量は50代だったり、またその逆もあり得ます。AGEは実年齢だけではわからない、自身の老化の進行度を知ることのできる健康指標であるといえます。
AGEについて学び、自身のAGE値を客観的に数値として知ることは、AGEを増やさない健康的な生活に対する意識を高め、さまざまな病気を未然に防ぐきっかけになります。アンチエイジングライフのため、健康維持のため、AGE値を測定して、体内年齢を推測しましょう。

計測方法

現在AGE値を測定するには、2つの方法があります。1つは血液から調べる方法、もう1つは測定器で調べる方法です。
血液検査は手間がかかるのに対し、新たに開発されたAGE測定器は痛みを伴うことなく3分以内で測定することができ、注目されています。測定器は、光を当てると発光するタイプのAGEに着目し、光の強弱で皮膚に蓄積されたAGE量を計測するしくみです。
また、将来的には尿検査の方法なども確立される可能性があります。

動画で知る、AGE値を知ることの大切さ

AGE(終末糖化産物)測定器のTrūAgeスキャナー開発者である、アンドレ・J・スミット医学博士が、AGEのメカニズムとAGE測定について紹介します。